米国ETFの保有銘柄を公開します!/40代独身女性

ETF
投資を学ぶ!

[getswin keyword=”video, berbagi, ponsel kamera, ponsel video, gratis, upload”]

こんにちはー、のんです

今回の動画では、米国 ETF を中心に、 私の保有しているドル建てETFの銘柄を公開したいと思います

私は40代独身女性の「のん」と言います

総資産は含み損益込みの評価額で約4000万円ほどあり

株式投資を始めてから10年ほど経ちますが

未だに試行錯誤を繰り返しながら資産運用を続けています

証券会社はSBI証券をメインで利用していて投資信託や日本株、米国ETF などに投資しています

前回の動画で私の日本個別株の銘柄を公開した動画もアップしていますのでぜひそちらもご覧ください

さて、私は日本の個別株や投資信託などの投資は10年間ぐらいやっていますが

米国株の投資を始めてからはまだ1年も経っていない初心者です

1年前ぐらいに Youtube などで投資に関する動画を見るようになって米国株の可能性を感じて

とりあえずやってみよう!と思い

SBI証券で米国口座を開設してはじめてみました

米国株や米国ETFは日本の個別株とは違って1株から購入できる点から少額から投資できることをいいことに

あまり吟味をせずにオススメされていたものや思いついたものを手当たり次第購入してしまったので

あまり良い投資の状態ではないのですが

今の私の現状を包み隠さずにお話したいと思い ます

現在保有しているのは、米国ETFは8銘柄で

そのうち 債券は1銘柄です

それに新興国ETFが4銘柄

コモディティであるゴールド、金のETF が3銘柄です

それでは一つずつ説明します

まずは、S& P500であるVOOと

全米株式であるトータルストックマーケットのVTIです

試しに10万円ぐらいずつ購入してみましたが

今となっては正直、投資信託でも同じようなものが購入できるので

わざ わざ ETFで購入しなくてもよかったのかもしれないと思っています

ただ投資タイミングが違えばあまり参考にならないのですが

他の銘柄の利益率となんとなく比較ができるので、少額は保有していてもいいのかなぁと思っています

そして、ナスダック100指数に連動している QQQ、トリプルQと

小型株のラッセル2000指数に連動している VTWO

そして、米国グロースの VUGです

VUGは、たまたまNISAでも購入しました

購入したタイミングはバラバラですがどれもプラスの運用ができています

それから高配当株式のVYM と SPYD も保有しています

SPYDはコロナショックで下がってから回復しきれていなかった安い時に購入できたので

今は結構な利益を上げられています

そして 債券の米国トータル債券、BNDも保有しています

ドルの評価額でマイナスになっているのは微妙ですが

円換算ではプラスですのであまり気にはしていません

債券は現在保有しているのはBND だけですが

他にも債券の年数や特徴ごとのETFを複数保有するのもいいのかなぁと考えています

次に新興国です

バンガードFTSEエマージングマーケットETFのVWOを保有して います

VWOは、中国や台湾、インドなどの新興国にある大型株、中型株、小型株に分散投資したETFです

そして更に、それとは別に 特定の地域を絞って、シンガポール、台湾、インドの3つのETFも、ドル建てのETFで購入してみました

投資をする国や地域は完全に私の偏見で、なんとなくこれから伸びそうな国や地域を選んでいます

本当はベトナムにも投資をしたいところですが

SBI証券で扱っているETFでちょうど良いものがないので

今はこの3つになっています

次はコモディティです

現状はゴールドだけに投資していますが、将来的には

プラチナや銀などにも興味があり、それらにも投資したいと思っています

ゴールドの投資で3銘柄保有しているのは意味がなく

完全に私の失敗からです

始めにGLD、SPDRゴールドシェアを約10万円購入して

しばらくしてゴールドが下がっているタイミングで買い増そうと考えて

ゴールドについて再度調べてみると

IAU、iシェアズゴールドトラストの方が経費率が少ないことが分かったので

IAUに新たに約10万円分投資をすることにしました

そしてしばらくして、たまたまGLDM、SPDRゴールドミニシェアズのほうが経費率が安いということが分かって

GLDMに新たに投資先を変更したという経緯になっています

本当は預け替えしたほうがスッキリするのですが

売買手数料もかかるのでいったんこのまま運用を続けて

どこかのタイミングでゴールド が高くなっているときに

GLD と IAUは売却したいと思っています

でも、実はゴールドは

私は投資信託でも保有しており

三井住友TAMゴールドインデックスオープンにも投資しています

投資信託は買付手数料が無料なのに対して

ドル建てETFでは売買手数料が0.495%かかりますし

円からドルへの為替手数料もかかっているので

結局、投資信託と ETF でどちらがいいのか

自分の中でまだ答えが出ていない状態です

迷っているのでとりあえず今は両方で保有しています

以上をまとめると

現在私が保有しているドル建てETFは約5万ドル、日本円で約550万円くらいで

米国株式に43%、米国債券に36%

新興国に9%、コモディティに12%です

米国株式の内訳は、VOOとVTI に4%

トリプルQに12%、小型株の VTWO に4%

グロース株に7% 、高配当ETFに16%です

また米国債券の保有割合が一見 多すぎるように見えますが

実はドル建ての外国口座では

ETF以外にも米国の個別株にも投資をしているので

それらを含めると債券の保有割合が 25%ぐらいになるようにしています

債券については保有しなくてもいい等のいろいろな意見があるかと思いますが

私自身がもう若くはない40代であることと

暴落時の備えと買い増し用として

それから トリニティスタディーの4%ルールでも

債券は25%ぐらいが良さそうな感じなので

現金も含めて債券として 25%ぐらいの保有がいいのかなと思っています

それからドル建てETFを1年近くやってきましたが

私にとっては 投資信託のほうが扱いやすくてあっているような気がします

その人の性格や運用期間、投資額にもよると思いますが

めんどくさがりの私の場合は同じような商品であれば、

あえて ETFでなくても,

投資信託のほうがいいように思います

ETFと投資信託で、どちらにもメリットとデメリットがありますが

投資信託の方が配当の再投資でほっといても複利の効果を狙いやすいということと

定期的な少額での積立投資がしやすいからです

ETFのメリットとして

株価が下がった時に、リアルタイムで買い増ししやすいということがありますが

なかなか、そう、うまいタイミングで買えなかったりするので

ETFはマメな上級者向きなのかなと思います

でも、ETF は ETF で投資信託にないような面白い商品もあるので

うまく使えば魅力的だとは思います

それからこれまで円をドルに定期積立で替えていて

それでドル建てETFをちょこちょこ購入していましたが

最近1ドルが110円の円安になってきたので

いったんドルへの積み立てを停止することにしました

ETFはしばらくはあまり積極的に購入したりせずに キープするようにして

投資信託の方を積み立てで少しずつ増やしていきたいと思っています

ちなみに私の保有している投資信託の銘柄を公開した動画もありますので

そちらも是非ご覧ください

以上今回の動画では

私が保有している
ドルだ ETFの保有銘柄についてお話しました

次回は私が保有している
米国個別株についてお話ししようと思っています

私は投資に関して素人で、色々試してみながらもまたまだ試行錯誤をしている最中です

こんな人もいるんだと少しでも興味を持っていただければ嬉しいです

これからも投資や節約などのお金に関することを中心に

働き方や生き方、セミリタイアに関することについて発信していきたいと思っています

最後までご覧いただき、ありがとうございました

それではまた次回の動画でお会いしましょう

さようならー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました