テクニカル分析

ファンダメンタルと双璧をなす分析方法が「テクニカル分析」です。どのようなものかは後述しますが、アプローチの仕方が異なるため、目的に応じてファンダメンタル分析と使い分けることが重要です。

ファンダメンタル、テクニカルに限らず、投資先である株式の銘柄を選ぶ際に大切なのは、「投資のスタイルをしっかり認識しておくこと」です。

長期保有による利益を期待するほか、デイトレードのように日売買、数分単位で取引するスキャルピングなどもあります。

それらは株式投資に時間をかけられる人には向いていますが、費やせる時間が限られている人には向いていません。自分の投資スタイルを考えることはとても大切です。自分の投資スタイルがしっかりできていれば、銘柄選びや売買のタイミング等の決定も行いやすくなります。

テクニカル分析では、相場の動きを取引ツール上で視覚的に把握でき、チャートに注力するだけで企業業績や経済に関する知識がなくても特に問題ありません。自分の分析力次第で予測精度を上げられるというメリットがあります。

一方、相場は過去のパターンと必ずしも合致せず、突発的な出来事に対しては対応しずらい、売買シグナルにはダマシがあるというデメリットに気をつけねばなりません。

タイトルとURLをコピーしました