【10/12引け相場展望】カオス再開。何が主人公か分からない状態。大きな陽線も、大きな陰線も打ち消し合って意味をなさない。常識が分かるとき。ふり回されずに、これ。

テクニカル分析
投資を学ぶ!

[getswin keyword=”日経平均先物,日経225先物,株式情報,株式投資,日経平均予想,投資顧問,VIX,チャート,NY市場”]

みなさんこんにちは10月の12日火曜日
大引後東京総合研究所の株式テクニカル

分析です
さて私たちはアップローの投資

アドバイザーとして毎日24時間まあ24
時間必ず動いているわけではありませんが

東京市場が始まる前の8時30分から
そしてニューヨーク市場が終わる5時30

分まで
市場の方を眺めておりますその中で何かを

かc ものがあればチェックしていくと
いう体制で臨んでおりますが

例えば現在見ているのはこの表であります
これが昨日の nyダウ250ドルやすな

スタッフの方は93ポイント安これが
ニューヨーク市場の夜間で現在を夜間で

95ドル安ナスダックの方は28ポイント
安という意味でありますがこの nyダウ

がこの夜間取引のうちでつまり東京市場の
このロンドン時間の間で100ドル

200ドル下げたとしても昔で言えば
50円60円下げたと同じをなレベルで

ありますそのぐらい会によく市場が上がっ
ておりますので30004シャン取ると

いうのは昔の1万ドルより3倍の値動きが
あるわけでここで100ドル康たって昔

から考えると30ドル安ぐらいなものが
ありますので300ドルぐらいの動きが

ここでなければ
この後のニューヨーク市場にはほとんど

影響を与えません
しかしながらその先を選んでいくの箱の

vics でニューヨーク市場がここでへ
下げたとしても vics が動いてい

なければ問題ありませんが
ny市場がそれほど動いていないにも

関わらずこのビッグ数が動いていると
中長期的にはもうちょっと大きな問題を

抱えていると考えているわけであります
そしてこの後ロンドン市場が始まって入浴

市場が始まってそしてニューヨークダウが
現物が始まる前に様々な景気指数が発表さ

れてそこから動くわけでありますしかし
現代の相場はより複雑になってきて例えば

昨日の相場はこんなような形であります
ちょうどこのような動き全く何が連動して

何が連動していないか分からない連動す
べきものに連動せず

連動しないものに連動していてまるで
カオスの中の動きであるねこれが昨日の

動きであります例えば
この動きでありますがこれも先前回お話し

ましたように昨日日経平均の方は寄り付き
後下げました2万8000を割り込んで

おります日曜日の段階では岸田あ内閣が
今回の金融税制には当面手をつけないと

いうことで非常に期待感があって始まった
わけでありますが実際始まってからは

2万8000やを割り込むような形であり
ましたのでこれは今回の金融税制に手を

つけないということは市場ではもう
プラス材料にはしないと思いきやここから

急に5分10分1520分これは5分足で
ありますのでこれでいきなり2万安値で

あります27,900円からまずこの一発
で2万8000360円となんというよう

な100円もこの短い間9時30分40分
までの間に上がったわけであります

この原因が色々わからず調べてみると連動
していたのはこの後開く

香港市場でありましたこの中国市場の動き
が非常に良かったわけでサブ率は上がった

わけでありますが今度はこのトップをつけ
たと言ったんえ東九州上ではほとんど動か

なかった理由でありますが今度は
ニューヨーク市場が始まってこのたかねえ

28,780円23時の間にここまで上げ
ましたそしてここから今度は下げていき

結局本日は引けで28000円
100円へこれを割り込むような形たり

まあ何ともわけのわからないような相場が
ついております30分足で見ると昨日の朝

の下げそして挙げさらに淫欲市場の上げ
そしていって公になってくる

このように大きな陽線陰線が出てもそれを
逆にするようないってこいの動きが出てい

てまるで本当にカオスが続いているかの
ようであります

では本日の東京市場を見ていきましょう
まず日経平均の方は昨日の上げの半分

ぐらいを受けしました0.94% s
トピックス0.7%一部の単純平均が

1.19%でありますから指数よりも
ちょっと下がった感はあります値上がり

銘柄数が375しかなく値下がり銘柄数が
1749さん

なぜに昨日あれほど勢いよく挙げた日本実
はこれほど勢いよく下げたのかよくわかり

ませんが売買代金が2兆円5000億円と
いよいよ3兆円を割れてきて再び枯れ切っ

た相場となってくる受けはいであります
これが今度は彼切りますと人の行く裏にー

道あり花の山の道自体がなくなってしまう
ということになりますので注意しなければ

なりません
今回の動きは結局何が問題なのか中国の

問題なのかアメリカのテーパリングが問題
なのか

はたまたテーパーリングから金利たか
そして債券安これ自体が本来このニュー

ヨーキ首相の天井を表す動きにつながって
いく問題なのかそれとも日本独自の問題な

のか
どこか商店が今は分からなくなっている

わけであります
ただしどちらにしてもへエネルギーという

ものは必要なので売買代金が3兆円はこの
水準を維持していくためには必要という

ことであります
この中で現有価格だけが上昇し資源株だけ

が今給湯状態に入っているわけで個別に
狙ってキーを見て森を見ず指数だけは無視

してこの個別材料株の中で資源株だけを
まあ最小限へ狙っておいてその他は見送る

のが現在のスターアンスコの回線での
スタンスであるわけです

さてではチャートにもうもう一度戻ってみ
ますと本日の日経平均の下げ先

現物の質を見ていきますと現物ではこの
ように

28230選んでありますので陰線では
ありますがちょうどこの兄5日移動平均線

俺は何とか維持しております日柄的には
本日たりで海の日からが終了しますので

明日以降下値でこの5日移動平均線を
守れるかどうかということが焦点となり

ますということは明日の引け値でこの
ポイントであります

ちょうどこの青い薄い青い線の2万88円
2万800088円これを守れるかどうか

これが焦点となってくるわけですこれが
日経平均であります

一方 topix の方を見ていきますと
トピックスの方はこれも現物の指数であり

ますが明日のを抵抗ポイントはこの
ポイントでありまして1967ポイント

本日も5日移動平均線を維持してこの
ブルーゾーンを抜けれておりますので

指数的にまあこの日経平均も topix
も5日移動平均線を越えておりますので次

の点火ポイントはこの5日移動平均線を
再び割り込んでくるかどうかといった

ところであります
ポイントアンドフィギュアを見ていきます

とこの動きで回転感から現在は売り転換と
なってきて現在この売り転換が新しい

レンジとなってくるかどうかでありますが
現在は前回の小さなレンジを割り込んで

おりますので現在少し大きなレンジ
このレンジとこのレンジの中の沖では次の

ポイントは
26530円を割り込むか割り込まないか

といったところとなります
一方同じく ny市場は

この週足での現在はブルーゾーンの中で
26週移動平均線を割り込んでおります

ナスダックの方は週足で見ていきますと
これも

ブルーゾーンのしたねいっぱいのポイント
まで下がってきており引き続き

26週移動平均線で止まるかどうかこの辺
がチェックのポイントとなっていますが

今後26週移動平均線で止まった後
しばらくしますと基準線が上がってきます

のでこの水準以上には子12月にかけて上
を維持しなければなりませんし

ニューヨークだーの方はすでにこの基準線
が迫ってきておりますのでここからされて

いくこと=26週移動平均線を割り込んで
しまうということになるわけです

また個別ではこの原油が引き続き堅調で
あり原油高そして

近賀との
銘柄商品の銘柄はこのドルが非常に強い

わけで金の方お金の価格自体はそれほど
上がっておりませんが東京市場としては

引き続きこの資源関連株これを狙っていき
たいところがあります

また個別銘柄はこの回戦で注目している
銘柄の中では資源関連株これは引き続き

堅調に推移しており本日東方訛りがこの
高値を狙う位置に帰ってきました13日と

5日移動平均線のでってゴールデンクロス
手前まくりも号偶然クルス手前そしてこの

ブルー損を上に抜けでております
またその後お勧めしました5713の住友

山これも
26日移動平均線を捉えて

ちょうどこのレッドゾーンに差し掛かって
きております今後はこの26日移動平均線

が26日移動平均線が上に向いてくるか
どうかこれがポイントとなってきます

その他本日は半導体関連が軟調な展開で
エコの東京市場を引っ張ってくるべき銘柄

が非常に軟調な展開となっております
はち丸35の東京エレクトロンや

そして6857のアドバンテストの動きで
ありますが

ちょうどそれらを見ていきますとアドバン
テストが本日は300円安でこのように

軟調な展開ブルーゾーンの中でのバンド
ウォークとなっておりますし

そのほっかでいきますとハチマル35の
東京エレクトロンぼこのように半導体関連

の280エンスト再びこのブルーゾーンの
中に入ってきそうであります

その他ここから狙って行きたいのは銀行株
であればもちろん83-6-

三菱ufj でありますが本日も小さな
値動きでありますが26日移動平均すれば

引き続き上昇であります
このように小さな

量そして数少ない銘柄すこれを狙っていく
といった形であり大きくポジションを取っ

ていくことではありません今後はこの
vics の指数本日はまだ上がっており

ませんし20
20ポイント台でありますのでまだそれ

ほど海外市場が大きく崩れるといった動き
でありませんがこれが本当に25ポイント

30一ポイントこれをとってきました今度
はニューヨーク市場の荒れ方が通常でない

あれか違ってきますのでこの辺は注意深く
見ておいてください現在の ny市場の

250ドル安などは昔から来比べれば
1/3まあ780ドルやすくぐらいなもの

でまだまだ気にする水準ではありませんが
あった個別のトレンドは明日でに下に向き

つつありますのでこの中期トレンドととも
に注意していきたいとおもいます

なお今後もはこのような放送を続けて
まいりますのでぜひチャンネル登録をして

頂き次の速報もお待ちいただきたいと思い
ます本日もありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました