⑥株式投資の基礎~投資信託のおすすめの買い方!~大学生にもわかるように初心者に簡単に解説

手数料
投資を学ぶ!

zero。
資産の大幅な増加に伴い分散投資をする事を意識しています!!! ですが、最近次の大化け株を見つけてしまいコツコツと買い増しております! 目論み通り株価上昇しており、かなり含み益でていますが握力全開でいきます😊😊😊
はらぺこきんぐ@元気に頑張るオッサン
RT @kawaiikkei: 株式投資には、上昇傾向にある株を買ってその上昇に応じて利益を得る「順張り」手法と、下落傾向にある株を買ってそれが反転し上昇することで利益を得る「逆張り」手法があります。 逆張り投資をするためのスクリーニング法について知りたい方は必見です。 ht…
Moira_ドラッカーの教えと世界共和国
RT @AdamSmith2sei: 2020年度投資部門別売買状況 自己の日銀ETFが買う、下値を強力に防衛買い ソフトバンクグループが信託勘定で自社株買い 個人、投信は伝統の逆張りの売り 海外は少額の売り、順張りで上値を買い上がるので株価上昇に大きく貢献 日銀ETFと海外が…

こんばんは、もふもふ不動産のもふです

今日は 投資信託でどういう商品について

買えばいいか、自分が思うものについて説明します

今まで5回、株ついて説明してきました

今日は投資信託についてですね

株式投資は勧めで経済が勉強できます

元手がなくても買いやすいですね

複利が聞いて長年積み立てることで

結構稼ぎやすいということがあります

なので株について勉強していくのはいいことかなと思って基礎からわかりやすく説明しています

自分は2005年からの株式投資やっていて

今までに2000万ぐらい稼いできているので

比較的詳しいかなと思っています

今日は株の基礎ですね

投資信託について前回説明したので

どういった商品があるか、そういうのを説明します

簡単におさらいなんですけども

投資信託って投資家がファンドにお金を預けて

そのファンドの人が運用をしてくれる

代わりに信じて託して投資をしてくれるんですね

株だったり外国の株、外貨

いろんなものに行って、その投資の種類によって変わるんですけれども

それで稼いだお金を運用利益、配当として渡してくれたりだとか

さらにそれを投資して再投資して増やすということをやっています

なので投資家は買えば勝手にこのファンドマネージャーがやってくれる

注意点としては手数料がかかるので

銀行とか証券会社ネット証券というのを買う時に手数料がかかります

前回だと4%ぐらいかかるのもあったりして

高いものは 買った瞬間4%マイナスになっちゃいますので注意が必要です

特に銀行とか対面の証券会社が特に手数料高のでオススメはネット証券ですね

あとお金を預けて

ファンド マネージャーの取り分という信託報酬というのは

年間0.1%くらいから高いのだと2%ぐらい取られるので

それも注意です

あと買うときに年間にお金がかかるよというのがあるので

高いものを買っちゃうとリターンが少ない ですよということがあります

投資信託の種類はだいたい3種類あって

インデックスという日経平均とか

なにかに連動しているようなものを買っていくやつと

アクティブって言って

ファンドマネージャーが選んで、いい株を売り買いしてくれる

でもそれは実はあまり良くなくってリターンが意外と儲からない

というのがわかっているんでこれは辞めたほうがいいですね

手数料負けしたりします

あとバランス型といって

インデックスを混ぜこぜにしたりする奴ですね、そういうのがおすすめです

何でアクティブがダメかろいうと色々出ているんですけれども

アクティブの評価、値上がりは

インデックスに平均的に勝てないというのがあっ て

中には超えるものもあるんですけれども

これはZAiの連載なんですが

アクティブファンドはインデックスに勝てないという

資産運用業界にとって不都合な事実ということで

ここにS&P500というアメリカの

500社のインデックスとアクティブファンドを比べると

大体5年とか15年ぐらいで90%ぐらいですね

S&Pが勝っているインデックスが勝ってるところなので

10%くらいのファンドにしかアクティブのやつはファンドマネージャーが勝てないとなってるんで

今までの結果だけ見ると今後どうなるかわからないですけれど

今までのデータから見ると

アクティブは結構勝つ確率は高くないです

日本に限って見ても

S&P/TOPIX 150でも7割ぐらいインデックスが勝っているんで

あまりアクティブはあえて選ぶ必要はないのかなと思っています

アクティブは除外して今日は説明します

投資信託でどういうのを選ぶかというときに

まずスタンスを決めたほうがいいです ね

経済予測してみてそれを買ってみるというのは結構面白いかもしれないです

何もからないよって言ったらバランス型というのをおすすめしています

スタンス決めようというので投資信託は特にそうなんですけれども

どういうスタンスで投資信託買いますかってていうんで

これ前も言ったんですけれど、例えば10万円を1年後に11万円にしたいのか

例えば10万円を1年後に20万ぐらいにしたいのかっていうで

多分買う商品とかも変わってくるんですよね

投資信託はどちらかというと安定して積み立てるようなもの に 向いているので

どちらかというと安定して年間10%でもすごいリターンになるんですけど

そういう複利でどんどん積み立てて増やしてくということなので

お勧めはこっちの方がいいすね

攻めでは1年間で倍にしたいとかもそういう話だったら

投資信託よりもどちらでも個別の株を買ったりした方がいいかも知れません

その分リスクは高いので、なくなる可能性もあったりするので

投資信託は安定して積み立てて

毎月同じ金額を買っていくようなのが複利 で増えていくのでおすすめ

なので積み立て向けですねどちらかというと

僕はそう思っています

違う意見の方もいらっしゃるかもしれないですが

スタンスは決めたほうがいいですね

なので投資信託、積み立てNISAとか

iDeCoことかそういった感じでやっていくのだったら絶対に投資信託ですね

経済を予想してみるということで

ニュースとかを見ている方がいらっしゃると思うのです が

ニュースを見て今後日本はどうなるとか

海外どうなるかとかそういうことで

この株は全体的にここの市場は上がりそうだなというものを買っていく

それはそれでおすすめですね

例なんですけれど、2019年に日経平均どうなりますかって予想した時に

個人的な予想になっちゃうんですけれど

ずっと2012年くらいからずっと上がってきて下がって上がっ ていうので

一応上昇トレンドになっているんですけれども

ここはちょっと下がりましたけどね、年明けにね

そこからレンド変わって下がるのか上がるのか

チャートだけ見ても何も言えないです

ただ今年に入ってからのニュースだと

中国とアメリカの貿易戦争で関税がどう こうって争ってます

あとトランプがメキシコに壁を立てるとか訳わからないこといっていますし、

appleが失速して売上が久しぶりに下がりましたよね、中国でも

あとは日本電産の永守さんという方が

日本電産はずっと好調ですごい有名な経営者なんですけれども

今月、これまでの長い経営経験の中でも見たことないほどの持ち込みで

11月と12月の売り上げが無茶苦茶ガクッと下がって

これはありえないとか言ってたりとか

いろいろな変調は見えてきています

なのでいまのところ自分としては下がっ てもおかしくないなという気はしていて

ただわからないですね、これがどっちに行くかって

これは誰もわからないので

分かっている人がいれば、それに全財産かければ大儲けできるので

まず分かっている人なんかいないどっちに上がるかもしれないし下がるかもしれない、どっちっていうね

もし日経平均でこういうのがあるから

下がるから株はやめた方がいいって方もいるかもしれないですけれども

実は日経平均が下がったら儲かるようなETFという上場の投資信託があります

例えばETFの中で普通に日経平均が上がると

それに連動して上がるよう なETFっていっぱいあります

この番号で検索すると出てくるのですけれども、こんなにあって

あの日経平均が下がると儲かるって

逆に日経平均を空売りしてるような感じになっていますね

逆のものもあるので

こういうのを買っていけば

日経平均が下がる

間違い無くここから下がっていくだろうと思ったら

こっちを買っておけば儲かるというのはあるんですね

空売りとかをしなくても

なので

逆に下がると思ったらこういうのを買っておくのはいいかもしれないですね

株価が下がった場合のリスクヘッジというか

景気が後退するので、でも株をこっちで持っているとこれが上がるみたいな形で

リスクヘッジにはなるかな

大体インバースは逆という意味で、インバース、インデックスとかベアと書いてあると下がると儲かるのですね

知っている人は知っているかもしれないですけれど

ベアって熊が上から殴るみたいなイメージですかね

上から攻撃するから下がるからベア

ブルというのはもう牛が角で突き上げるから

上がっている時に儲かるものがブルで、下がると儲かるものがベアみたいな

よくわからくなったりしますが

なのでそういうふうに経済をみて

今後こうなるんじゃないかというのを予想できるようになっ たら

それをやる、 逆にはずれたとしても

そんなに大きな資産を失わないぐらいを賭けておけば

それをきっかけに

日本の経済とか日経の情報を調べるよう になったりとかして

良い意味もあるんじゃないかなと思っています

そうなってくると、例えば有事の金みたいな感じで金とか

資材が今後上がっていくんじゃないかとかって話があったとしたら

例えば金のETFがあるので、それを買っておけば金が上がると同時に

ETFも上がっていくというのがあるのでそ ういう資源も買える

例えばプラチナとかパラジウム、銀

あと原油ですね、原油には先物とかがある のであまりメジャーではないですけども

例えばシェールオイルはもうなくなって

今後、原油は上がっていくんだみたいになってくると

原油を買っておくのもアリかもしれないすよね

そういうふうに今、経済が

今後こうなるというふうに確信を持っているのだとしたら

そういう銘柄を買ってみるっていうのはいいかもしれないですね、ETFで

例えば金とかだと1326ゴールドシェアというやつがあって

こういうふうに東証に上場しているので

金と価格と連動している

2009年くらいから上がっていって、ここはずっと

そんなに変動はないですね

実際の金の価格と連動しているので

ここから上がるかどうかはよくわからないですが

金が上がると思えば金のETFを買うっていうのはあります

アメリカの株が上がり続けるだろう

アメリカやっぱり強いと思ったら

例えばS&Pの500というのもを買っておけばアメリカの500社

代表500社の平均

日経平均みたいなものですね

アメリカはダウが有名なんですけれども

銘柄がすごく少ないので500社くらいの

S&P500とあって

1998年ぐらいからずっと上がってきている

リーマンショックとかITバブルとかも乗り越えて上がってきているので

意外とリターンはいいですよ、若い不動産って

投資の神様なんですけれども

自分が死んだらS&P500を90%買いなさいっていうふうに

言っているぐらい、これを買っておいた方がいいよと

有名ですね

なのでこれに積み立てるというのはありかもしれないですね

ただこれは下がるかもしれないので

どんどん下がり続けるという可能性もゼロではないので

日本の話をしましたが

1990年ぐらいですかね、その土地神話ですね

日本の土地が上がり続けると思っていたんですけれども

実際はバブルが崩壊して価格が下がったこともあるので

このS&P500も

ずっと100年ぐらいは上がり続けてるいるのでずっと上がり続けると思っているのですが

下がる可能性はもちろんあるので信じてはいけないかな

安易に全額を賭けるのはアレなんですけども

ただアメリカが今後成長すると思っていれば

これを買うという感じでもあります

なので今後の経済を見て

どれが上がるか下がるか、そうい 判断ができれば

こういうところを買ってみてもいい、少額で買ってみてもいいんじゃないかなと思います

でも実際は何が上がるかなんてわからないよ

そんなに考えたくないからとりあえず買っておきたいよという方がいたら

例えばバランスよく買う

バランスの投資信託を買うのもいいかなと思っています

無茶苦茶いろいろな種類があって

これはSBI証券ですね

SBI証券のところから適当に持ってきたんですけれども

積み立てNISAのところから持ってきたのですが

例えば6資産均等みたいな 野村アセットマネジメントの

6資産均等みたいなやつで、債券と株式とREITですね

REITとは 不動産投資信託なんですけれど

債券と株と不動産を3等分して

それを国内と国外で分けましたよみたいな感じです

6等分のですね

なので例えば

株が下がったとしても債券の金利が上がるからこっちでリカバリーできるとか

世界経済がまんべんなく成長していくとしたら、これで安定していきますよ

そういうイメージですかね

分割しておけばどれかは平均的に上がっていくと

なので少ない、数百円とか数千円ぐらいの金額から分散して買えるので

そう言った意味では投資信託の積み立てでいいのかなって気はしていますね

安定的に買っていくと

これは均等なんですけれど、また別のやつで

積み立てNISAとは言いつつスゴ6 SBI資産設計と書いてあるんですけれども

日本株が3%、3%

日本の株が3%、国内債券が3%で6%しか日本は買っていなくて

だいたい先進国の株と先進国の債券が50%ぐらい買ってて

残りは新興国の株と新興国の債券を40%ぐらい買っていますよ

そういう感じになっていますね

なのでどちらかというと、こっちに比べるとこっちの方が

外国よりで株と債券に勝っているし

新興国も入れているっていう感じですね

なので攻めた感じになっています

さらにいくと8資産均等みたいな形で

先進国と国内のREITと先進国、国内

新興国の株とREITと債券はいい感じに均等にミックスしたみたいな

そういう商品もあったりします

なのでこういうの買っておくとよりバランスは取れている感じになりますね

世界的に地球全体としての経営

GDPが上がっていくみたいなイメージであれば

こういうものを買っておくといいのかなっていう

比較的リスクは少なく安定的に投資できるのかなって思っています

なのでリターンは少ないですけれど

世界が平均的に経済がよくなっていけば増えていくっていうのもありだと思いますます

詳細欄に貼っておきますが

SBI証券とかで口座を開いて、積み立てNISAとかをやっておけば

こういうものも買うことができます

なのでネット証券が良いですね、口座をやるとしたら

楽天とかDMMとかいろんな証券会社があるんですけれど

自分はずっとSBI使っているのでSBIしか知らないんですが

でもそんなに大差はないのでどこでもいいのかなと思っています

もし詳しく知りたければ 証券会社 比較

とかでやって色々比較すればいいかもしれないですが

積み立てNISAとかをやっている分にはそんなに変わらないですね

デイトレードみたいなのでバンバン信用取引やるとか

手数料とかいろいろ特色があるんですが

SBIを買っておけばいいかなって気はしていますね

という感じで

投資信託で何を買うかというと

どういうスタンスで買うかですね

投資信託はどちらかというと安定的に積み立てていくようなイメージが向いているのかなと思ってます

手数料に注意しないと手数料は買っただけで

昨日も話しましたが6%ぐらいいくやつもあるんで

特に銀行とかは本当に高いので手数料が

ほとんど銀行から進めてくると思うんですけれど

それは無視したほうがいいですね

アクティブは勝つ確率が少ないので

中には勝つのもあるかもしれないんですが

そんなに買わない方がいいのかなと思っています

2つの戦法があって

上がりそうなものがある程度予想がつくとしたらそっちを買うことですね

どれが上がるかは誰もわからないので

予想はできないんですけれども

予想が当たる自信があるんだとしたら

そういうものを買うっていうのもいいかもしれ ないですね

あとはバランスよく買うのだとしたら、さっきの分配型ですね

商品を買っておけば

何も考えずに均等的に買っていく

めちゃくちゃ商品があるので選ぶのが逆に難しいかもしれないんですけども

だいたい割合が違うわけですよね

という感じになっています

なので投資信託は毎月一定額を買うのがお勧めですね

明日はiDeCoという

確定拠出年金ですね個人的な

それで投資信託を買ったりできるので

それだと積み立てNISAとかとどういう違いがあるかとか

自分はそんなに詳しくはないのですが

それについて自分の知っている限り

解説しようかなと思ってます明日は

今までか株の基礎、株ってそもそも何?投資信託って何?とか

基礎からずっとやっているので

もしよかったら、これは再生リストもありますし

解説しているのでよかったら見てみてください

このチャンネルは不動産投資ですね

株とかですね、あとFXあとは経営、経済がどうなっているか

リーマンショックがどうなってるかとか

あとは物理とかそういったこと

ビジネスとか仕事に役立つ、稼げるような情報を発信しているので

よかったらチャンネル登録してください

最後までご視聴ありがとうございました

もし面白かったら高評価をしていただければうれしいです

答えられる範囲でコメントをいただければコメントしてます

コメント買いていただければ返信しています

あとTwitterもやっていますのでよかったら登録してください

LINE@とかもやっているので

LINE@でプレゼント配信中なのでよかったら登録 し て ください

どうもありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました